home

logo

夏がやってくる~横断幕たちの暑い夏~アドマク編

弊社は東京ですが、6月だというのに暑い日が続いていてなかなか梅雨入りしないですね。
個人的には雨はあまり好きじゃないのでカンカン晴れが続くのは嬉しいですが・・。

ただ、そろそろ梅雨入りして、夏が来て、台風シーズンがやってきます。
横断幕・懸垂幕・フラッグ等を設置している方、検討している方は気を付けて設置しないと
吹き飛ばされてしまう可能性もあるので要注意な季節です。

周囲にロープ縫い込んだり、ハトメを増やしたり、風抜けスリットを入れたり
メッシュターポリンにしたり・・・
色々な方法で補強して強風対策をすることは大事です!できる補強はすべてやった方が良いです!
でも結論から言うと、台風が来ると分かっているなら外しましょう!
どんなに補強をしても予想以上の強風が吹いたりするのが自然の怖さです。
ロープなどで簡単につけれるのが幕・旗の良い所です。
なので飛ばされる可能性があるなら一旦取り外すのがお勧めです。

万が一飛んでいった場合は作り直しの費用もですが、飛んで行った横断幕で怪我をする人がいるかもしれません。
そういったリスクを避けるためには、やはり外すのが一番です。

もちろん、しっかり補強をして、しっかりと設置しておけば台風にも耐える事が出来ると思います。
なのでほとんどの方は設置しっぱなしです。
町中にある街路灯フラッグなんかも付けっぱなしですよね。

でも看板が飛んで行ったり屋根が飛んで行ったりすることがあるのが台風なんです。
面倒でもリスクを少なくすることが重要なんです。

雨に関しても耐水性などを心配される方がいらっしゃいますが
基本的にはアドマクの生地は屋外印刷方法が落ちることはありません。
※遮光合成紙は室内用です!
なので生地自体が濡れても大丈夫です。

ただし、洗う時は注意が必要です。
【布系の生地】
・弱い手洗い
・蛍光剤・漂白剤の入った洗剤は使わない
・アイロンは当て布をして低温でかける
・色移りの可能性があるので他の衣類などと一緒に洗わない
・熱に弱いので乾燥機は使用しない。日陰干し。

【ターポリン系】
・表面を優しく拭くだけにして下さい。
・強い摩擦が加わると印刷が落ちる可能性があります。

下記のように幕を選択してくれるクリーニング業者もあるので見てみるといいかもです。
https://403.co.jp/topics/2018/07/39770.html

TOP