ホーム > ご利用ガイド > 加工について

加工について

当社にて対応可能な加工は下記になります。

Icon【無料加工】

折り返し補強加工

4辺を折り返して縫製することで強度を上げます。屋外設置の場合などにお勧めの加工です。

袋縫い加工

袋縫い加工

袋部分の幅は指示がない場合5cmとなります。φ約3cm以下のパイプが入ります。

ハトメ加工

ハトメ穴加工

ハトメとは、横断幕や懸垂幕をロープやワイヤーで括り付けて設置するときに通す金属のリング状の部分のことです。円形で中央に穴があいているため紐を通すこともできます。通常横断幕や懸垂幕にハトメを打つ際は、サイズに応じて600mmか900mmピッチにしますが、位置をご指定いただければ対応いたします。

風抜けスリット加工

風が強い場所に設置する場合に、風が抜けるようスリット加工を施します。
スリット位置に指定がない場合は、当社の判断でデザインに支障が少ない場所に加工します。

ただし、前面にわたってデザインや文字がある場合はスリット位置をお客様で指定をお願いします。

縫製繋ぎ

各生地の最大幅より大きいサイズの幕を制作するときに縫製繋ぎ加工をします。
この加工はお客様の注文サイズによって自動的に適応しますので、
チェックボックスではお選びいただけません。

Icon【有料加工】

パイプ縫込み加工

フラッグを取り付ける際に、ピンと張る為にパイプを縫い込みます。
縫い込めるパイプの長さは最大で100cmまでとなります。
パイプの径は0.8cmと1.6cmをご用意しておりますが、

指定が無い場合は1.6cmのパイプを縫い込みます。

4辺ロープ縫込み補強

4辺にロープを縫込み強度を増します。
4辺折り返し補強と過程が同じなので、
同時にご注文いただいた場合は4辺ロープ縫込み補強となります。

屋内タペストリー加工

タペストリー専用バーを上下に取り付けます。
設置用のワイヤーも付属しますので既製品のような仕上がりになります。
強度はそこまで強くは無いので大きいサイズをご希望の場合は屋外用をお勧めいたします。

屋外タペストリー加工

上下に袋加工を施し、パイプを通します。
原則として最大100cmまでのパイプとなります。
もっと大きいサイズをご希望の場合は別途お問合せ下さい。

Icon【片面印刷の折り返しデータ作成について】

①【折り返し補強】

重要なオブジェクトなどは縫製に重ならないよう仕上がりラインから10mm内側に配置して下さい。
※ハトメをご希望の場合は仕上がり線から40mm内側に配置して下さい。
折り返し補強

② 袋縫い加工

重要なオブジェクトは縫製に重ならないよう仕上がり線から55mm内側に配置して下さい。 なお、袋サイズに指示のある場合はご指定の縫製ラインから5mm内側に配置して下さい。
袋縫い加工

③ 4辺ロープ補強

重要なオブジェクトは仕上がり線から55mm内側に配置して下さい。
4辺ロープ補強